現状回復工事やエレベータ保守など、建物の環境を整える

必要な作業である

退去時に必要な原状回復とは

賃貸物件を退去する際には、借り主が現状回復工事を行うのが一般的です。それは店舗やオフィスはもちろんのこと、マンションなどの賃貸住宅の場合も同様です。借り主は、管理会社の指定する方法で、賃貸契約時と同じ状態に戻して返却することが求められています。 店舗やオフィスであれば、看板を設置したり、スケルトン工事を施し間取りや内装を大きく変更するケースも珍しくないでしょう。しかし、そうした物件も、返却時には当然、変更箇所を元に戻さなければなりません。取り付けた看板は撤去し、天井や床、壁などを修繕する必要があります。 また、次のテナントがすぐ入居できるよう、適切なクリーニングを施すことも原状回復工事に求められる項目です。 これら一連の原状回復工事をスムーズに行うためには、信頼できるリフォーム業者を選ぶことが重要です。

相見積もりで相場を知ろう

現状回復工事の料金は物件の規模によって異なります。なるべく安く抑えたいというのが借り主の本音といえるでしょう。しかし、実際にはリフォーム業者によって原状回復工事の料金は大きく異なることも事実なのです。 原状回復工事の適正料金を把握するためには、必ず複数のリフォーム業者から相見積もりを取る必要があるしょう。解体や電気・配線、クリーニングなど、原状回復工事にはたくさんの項目があります。それだけに業者選びの際には、どの工程にどれだけ費用が掛かるのかや使用する資材によってどれくらい料金差が生じるかなどを丁寧に説明してくれる業者が安心です。 できるだけ安くスムーズに仕上げるためには、退去直前ではなく少し余裕をもって業者を選定することをおススメします。

Copyright (c) 2015 現状回復工事やエレベータ保守など、建物の環境を整える all reserved.