現状回復工事やエレベータ保守など、建物の環境を整える

確認や防犯に

モニター付きインターホンがあれば安心

自宅に知り合いでない人が来た際に、モニター付きインターホンがあれば安心です。 インターホンから来客者の声を聞いただけでは不安があっても、モニターで来客者の姿を見ることができれば、ある程度どんな用事で訪問してきたのか把握でき、安心して玄関のドアを開け対応することができます。 モニター付きのインターホンがない賃貸住宅でも、これと同性能の装置があるので、この装置を取り付けることで解決することができます。取り付け方法も簡単で、玄関のドアにひっかけて固定するだけで取り付けは完了します。このように簡単に自分で取り付けることができるので、購入したその日から使い始めることができます。 最近では、留守中にインターホンを押した来客者を録画する機能がついたものもあり、防犯面でも役立ちます。

インターホンの取付工事のポイント

インターホンの取付工事を行う際のポイントは設置場所に電源設備があるかどうかを事前に確認しておくことです。 電源設備がある場合は工事は比較的簡単なもので済み即日で完了します。 電源設備が無い場合は新たに増設する必要が出てくるため取り付け工事も複雑なものになりがちです。インターホンは多くのメーカーで共通の規格が採用されておりサイズなども統一されています。そのためインターフォンの取り付けスペースの確保はスムーズに行えるようになっています。電源の接続方法などはメーカー独自の方法が採用されているケースなどもあるため取り付け工事の際には注意が必要です。カメラ付きインターホンなどは電波で映像を送っているため通常のインターホンと同じ方法で取り付けることができます。

Copyright (c) 2015 現状回復工事やエレベータ保守など、建物の環境を整える all reserved.